セブンイレブンの「お会計セルフレジ」が凄いスマート。

セブンイレブンの「お会計セルフレジ」が凄いスマート!セブンイレブンが店員がレジ打ちを行い、客は無人精算機で代金を支払う「お会計セルフレジ」を、9月から全国のセブンイレブン店舗で順次導入すると発表したらしい。
セブンイレブンレジ
店員の負荷軽減や、客の会計待ち時間短縮を目指すそうで既存のPOSレジスターを活用し、新たに現金会計用の精算機とカード読み取り端末を設置。店員のレジ打ちで支払い額が確定した後、客は自身で精算機に現金を投入して精算する。キャッシュレス決済の場合も客が決済方法を選択してクレジットカードやQRコードなどを端末に読み取らせる。対応する決済方法は、現金、クレジット/デビットカード、各種バーコード決済、nanaco、交通系電子マネーなど。事前に行ったテスト店舗での検証では、セミセルフのレジを使用した場合、1日あたり約7時間分のレジ接客時間を削減できたという。9月から順次導入を始め、2021年8月までに全国の店舗に導入するそうです。

早速、明石大久保駅のセブンイレブンでも導入していた。ビールを買って年齢認証→店員さんがレジ打ち→現金を入れて商品とお釣りとレシートを受け取っておしまい。これで店員さんの1日あたり約7時間分のレジ接客時間を削減出来るらしい。体感的にかなりスマート!凄いなセブンイレブン。

Follow me!

ブログカテゴリの最新記事

PAGE TOP